【御朱印あり】八釼神社(2012年当時の様子)/千葉県木更津市

この記事は約2分で読めます。

千葉県のご当地ヒーローとして名高い「鳳神ヤツルギ」との名前の由来になっている、八釼八幡神社。
7年前に訪れたときはヤツルギのお守りもありました。
今回ご紹介する境内など風景は、平成24(2012)年当時のものです。

平成30年10月27日に参集殿竣工されているため、現在はかなり様子が異なりますが、昔はこんな神社だったということでご紹介したいと思います。
また訪れることがあれば、その時の様子を別記事としてご紹介してい予定です。

八釼八幡神社の基本情報

・御祭神:誉田別命(ほんだわけのみこと/應神天皇)・息長足姫命(おきながたらしひめのみこと/神功皇后)・足仲彦命(たらしなかつひこのみこと/仲哀天皇)・素盞鳴命(すさのおのみこと)・日本武尊(やまとたけるのみこと)
・御神徳:厄除け・交通安全・商売繁盛・合格祈願・学業成就など
・住 所:千葉県木更津市富士見1丁目6-15

・駐車場:あり
・最寄り駅:JR内房線木更津駅下車西口徒歩3分
・開門・閉門時間:9:00~16:00
・御朱印授与時間:9:00~16:00
・御朱印の初穂料:500円
・公式サイト:http://www.yaturugi.net/
・公式Facebookページ:なし
・公式ツイッター:https://twitter.com/yatsurugi_h_s

八釼八幡神社の御由緒

八釼八幡神社の社伝では、昔は境内のある一体のことを「八釼の里」と呼んで、里の神様を「八釼の神」と呼び、神に仕えるはふりを「八釼」と呼んでいたそうです。
源頼朝が、鎌倉悪府を開幕するときに、神領を寄進したことで社殿が造営されたとされています。

八釼八幡神社/の境内の様子

当時は境内に木々がうっそうと生い茂ってちょっと暗めな雰囲気でした。拝殿左に社務所があり、こちらで御朱印などをいただくことができます。

こちらは神輿殿。

もう少し写真撮っていたと思っていたのですが、当時はネットにUPする気がなかったのもあって、画像はこれだけです。

すみません。また時間を作って参拝に行こうと思うので、その際はしっかり写真を撮ってきたいと思います。

御朱印・御朱印帳

御朱印の初穂料、今まで300円だったのですが、2019年5月1日から500円に値上がりしているので注意してください。

参拝した2012年当時は、月替わりなどの特別御朱印はありませんでした。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました