悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

この記事は約5分で読めます。

「悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」の作品詳細と、簡単なレビュー。

この映画、あまりにもショッキングなシーンが多いためかR18+指定作品」となっており、上映当時は3Dバージョンもありました。

生きたままチェーンソーで体を真っ二つにされたりと、かなりグロイシーンが多いのでロ耐性のない人や心臓の弱い人には向かない作品です。

タイトルから前作とかなり絡みがありそうな内容を想像しがちですが、前作を観ていなくても大丈夫!

普通にスプラッタものなのですが、終わってから日本でもアメリカでも田舎町や村の閉鎖性的な怖さはあるんだなと思える作品でした。

作品詳細


原 題:TEXAS CHAINSAW
監 督: ジョン・ラッセンホップ
キャスト:アレクサンドラ・ダダリオ/ダン・イェーガー/トレイ・ソングス/タニア・レイモンド/トム・バリー/ポール・レイ/ビル・モーズリー
公開日:2013年7月13日
上映時間:92分

ストーリー

本作品は前作「悪魔のいけにえ」オリジナル版のラストシーンからの続きから!

怒り狂った村人たちに家を囲まれちゃって逃げ場を失った凶悪なソーヤ一家は家の中から応戦。

でも多勢に無勢で負けは目に見えている状態で籠城しちゃうのですが、そんな一家に容赦なく村人は無残にも家に火を放ち、ソーヤ一家を皆殺しに……。

翌日、他の村人と一緒にソーヤ家の焼け跡を調べていたギャヴィンという男は、家から少し離れた位置にあるガレージで身を潜めていた女性と赤ん坊を発見。

そして何を思ったのか、女性を殺して赤ん坊を皆に知られないように連れ帰り、「レザー」と名付けて養女にして育てるのでした。

20年後に真実が発覚

成長したレザーは親元を離れて彼氏のライアンと同棲中。

ある日レザー宛てにダラスにある法律事務所から、祖母ノヴァーナが死亡したという手紙が届きます。

しかし手紙の中にある祖母の名前が違う!と不審に思い実家に戻るレザー。

ギャヴィンとその妻アーリンを問い詰めると、今まで養女だったということを隠されていたことを知ります。

自宅に戻ったレザーは本当の祖母であるヴァーナのことを調べるべく、ライアンと友人のニッキー、そしてその彼氏ケニーと共に、ヴァーナの屋敷に向かうのでした。

途中給油のために立ち寄ったガソリンスタンドで、ヒッチハイクをしていたダリルを車に乗せ屋敷に着くも、予想以上の豪邸でテンションが上がる一行。

しかしここで予測不能な事態に見舞われてしまうのです!

予告動画

感 想

個人的にはなんだかすっきりしないエンディング……。

これはこれでまた続編ありそうだなと感じましたが、作成予定あるのかな。

警察の発言力がない?

映画のOP部分の、村人がソーヤー家を襲撃している場面とかがそんな感じだなと。群衆心理っていうのかな?閉鎖的な村とかって警官の静止力すらきかない怖さがあるんですよね。

レザーを育てたギャヴィンとアーリンは、なんか典型的なダメ親っぽい感じでしたねぇ。家はそこそこって感じでしたが。

祖母が住んでいた屋敷に向かう途中ガソリンスタンドで拾ったダリルを簡単に信用して、屋敷に一人にしてしまい泥棒されたのに警察に通報しないのはどうなの?ちょっとおかしい!とか、突っ込みどころ満載感があります。

よくあるホラー映画あるあるパターン満載

ホラー映画あるあるで、なんでそっち行くかなぁ?っていうのもあるし、ライアンがニッキーと良い感じになりそうなシーンで、すかさずレザーフェイスが邪魔に入ります。

お色気シーンで邪魔するのって、13日の金曜日なんかじゃ定番のパターンですよね。まあある意味ああいう場面では無防備になっちゃうっていう点を突いて襲撃してるんでしょうね、殺人鬼側も。

結局、前作の生き残りであるレザーフェイスはどうやって逃げたのかは解明されていない隠し通路でもあったのかと考えるけど、そのあたりも村人なら把握してそうだなぁ~とか。

屋敷にいた人達を襲うシーンは……この手の映画見慣れているせいか、あまり怖いという雰囲気はなかったですね。

しかし、レザーフェイスは何で凶行に及んだのか……。侵入した泥棒か何かだと思ったのか、それとも自分を殺しにきたのと勘違いしたのか…?

いやそれ以前に、おばあちゃん亡くなってから今までの食事とか、一体誰が世話していたんだろう?

ナゾが謎を呼ぶ……。

ラストがなんだか納得いなかい?

ラストでレザーの正体を知ったとたんに、レザーフェイスの態度が一変。前作を観ていないので、単純に趣味で殺しているんじゃなかったのか?と疑問に思った。

なぜ人の皮の仮面を自分の顔に縫い付けているのかもこの作品だけじゃちょっとわからない。映画の中では知能が8歳児くらいって話があったけど、その話も本当なのか微妙だなぁ。

それなりに知能ありそうな気もするんだけど……。

田舎町の閉鎖性が怖い

レザーについては友人や恋人だけでなく、警官も殺されているのに処罰なしなのはやはり田舎の閉鎖性と言うべきでしょうか。

レザーたちが町に着いた時に、すかさず警官がよそ者と判断したりするあたりは、日本の田舎でも似たようなものですよね。

年寄ばかりで周囲の人誰がどこの家の人かすべて把握しているから、よそ者は目につくっていうような。

多分閉鎖性の強い町だと、こういった事件外部ではニュースにすらなってないんだろうなぁ。

……というか、亡くなった人の家族にとっては行方不明ってことになるよね?

家族が探しに来るネタでまた作品できそうだw

町長の息子の生死が微妙だったので、復讐とかあり得そうだけど続編ないのかな?

ラストのヘザーの心境が私にはわからなかったんだけど……やっぱり血は争えないのでしょうかね。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました