新選組オブ・ザ・デッド

この記事は約4分で読めます。

「新選組オブ・ザ・デッド」の作品詳細と、簡単なレビュー。

ホラーコメディなんだけど……。

はっきり言って笑えなかった&怖くもなかったです。

作品詳細

監 督:渡辺一志
キャスト:日村勇紀/竹石悟朗/上杉周大/水樹たま/チャド・マレーン/古旗宏治/桜井宗忠/コッセこういち/渡辺一志/尚玄/川岡大次郎/目黒祐樹(語り)
公開日:2015年4月11日
上映時間:72分

ストーリー

新選組×ゾンビという新感覚ホラーコメディ!

坂本龍馬も登場するよ!

新選組のお荷物が主人公

舞台は幕末の京都。

京都の治安を政治犯や凶悪犯から守るために「新選組」が結成されていました。入団条件は「青年男子のみ」で、幕末最強ともいわれていた先頭集団でしたが、主人公・屑山下衆太郎(くずやま げすたろう)は新選組内の「お荷物」でした。

京都の治安なんぞほったらかし、なすび奴という芸者にうつつを抜かす毎日。ある日なすび奴の悪口を言っている坂本龍馬を懲らしめようとしますが、拳銃を持っていたため勝ち目がないと悟り、屑山は土下座して謝るという無様な姿をさらします。

海外から持ち込まれたゾンビが逃げ出して……

屑山が坂本龍馬に土下座していたころ、京都口外で武器商人として知られているカウフマン商会の荷物を運んでいた連中が全滅します。

カウフマン商会は唐人(とうじん)エックスという殺し屋を雇い、ゾンビとなったジョージというメリケン(アメリカ)人を探していました。実はこのジョージは、見世物小屋で見世物にするために密に船で運ばれていたのでした。

京の町に逃亡したジョージは人を襲い、さらに運悪く出会った屑山は噛まれてしまいます。

襲われそうになった人からジョージの存在を聞いた新選組のメンバー。なすび奴から屑山が襲われたことを聞き現場に駆け付けると、屑山とジョージ、そして逃げそびれた坂本龍馬を保護するのでした。

ジョージと意思の疎通ができたが……

坂本龍馬は英語を話すことができたため、ジョージから話を聞きだしてくれと新選組に頼まれ、ダメ元でやってみると意思の疎通に成功し、ジョージがゾンビになった経緯などを聞きだします。

しかしそのころジョージに噛まれた屑山は、意識がはっきりして会話もできる状態ではあったものの、顔色や舌の色が死人同様に変化していて、ついには脈も止まってゾンビとなってしまい……。

予告動画

感 想

バナナマンの日村さん主演作品!

コメディではあるけど、笑いを期待しないほうがいいかも……。

あえて言おう。新選組である必要があったのか?

これはほんとに素朴な疑問。

一応山崎酸とか出てくるけど、別に新選組じゃなくオリジナルの先頭集団なり自警団でもよかったような気がする。

火藤は男装した女性だし、この設定も必要だったのかなぁと疑問でした。

討ち入りの時にゾンビ、とかじゃないんですよね。日常生活でゾンビが出た、ってことなのであえて新選組を選んだ意図がわからなかった…。

主人公の活躍シーン全くなし

元々ダメキャラ設定だったんですが、後半になったらもしかして活躍するのか?と、ちょっと期待していました。

しっかし……仲間助けるとかそういう展開もなく、このキャラを主人公に設定したの失敗だったんじゃ感が強い。

ストーリーの練り込み足りなかった、って言えばそれまでかもしれない。

ジョージはひたすら可哀そう

アメリカ人のゾンビ・ジョージは可哀そうな人です。新選組にとらえられて、坂本龍馬と会話を行うことでゾンビになった理由を話し、自分を恐れない坂本龍馬との友情まで芽生えるのですが…。

コメディならもうちょっと、お遊び的な扱いされてもよかったような気がします。

ムダにエロ&滑るギャグ

作品中、風吉がなすび奴の生乳をお母さん思い出して揉みまくったり、ちょっと下ネタで受け狙い的なシーンはあったんですが……。

正直「笑えるか?」っていわれると、全く笑えなかったんですよねぇ。少しも笑えるシーンが私にはなかったので、笑えるホラーコメディ観たいっていう人にはあまりおすすめできません。

暇つぶしとか話題作り目的で観るのはありかな?

映画よりドラマにしたほうがよかったのでは

なーんかラストがすっきりせず、時間なくて終わらせた的な感じもしないでも。

もうちょっとキャラの性格なんかを生かすのであれば、映画じゃなくてドラマで1クールやったほうがよかったんじゃないかと思います。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました